ダイエット・スキンケアにはハト麦茶

ハト麦茶ホット

空腹感は満腹感との差

ダイエット中は、空腹感との戦いです。

始めたころは慣れてないので、より空腹感が強いですが、空腹感は、満腹感との差であるとよく言われていますが、実感としてその通りだと感じています。

その空腹感をスルーするためには、飲み物が不可欠です。

ミネラルウォーターやお茶がおすすめであるのは間違いないのですが、期間が長くなるほどバリエーションを増やしておいたほうが飽きがきません。何種類からは箱買いして常備すると安心です。

ちなみに、水分をあまり取らない人が急に毎日1、2リットル飲むと一時的に体重が増えることもありますが、あくまで水分なので気にしなくても大丈夫です。

たとえ体重が増えた場合も体水分率も毎日測っていれば、今日は体水分率が1%増えているから体重が増えたわけではないと判断することができます。

今回のダイエットでは、ハト麦茶を多く飲むことにしました。

ハト麦茶は、ヨクイニンという物質が入っていれ漢方薬にも使われています。

肌によく、イボなどにも効くと言われていますが、子供のイボができた時にハト麦茶を飲む習慣をつけたらイボがなくなった記憶があります。当時は冷えたハト麦茶が美味しくて水代わりに毎日飲んでいただけですが、今考えると知らない間にイボが消えていたのは、ハト麦茶のおかげだったのではないかと思います。

毎日飲むならティーパックでコスパ重視

ティーポットにティーパック1包とお湯を600ml注いで5分待つとできあがりです。ハト麦茶のやさしい香りが楽しめてリラックスできます。

ハト麦茶ホット

手軽に飲めるペットボトル

飲みたい時に常温、ホット、アイスでもどれも飲めるのはペットボトルですが、ペットボトルのハト麦茶のバリエーションは少ないようです。

楽天で能登のはとむぎ茶を価格を確認する

ハト麦茶ペットボトル

お茶に飽きたらコーヒー

コーヒーもブラック、カフェラテ、ソイラテなどバリエーションがあるので、気分によって選べます。お昼をサラダだけにした場合は、空腹感が強くなるので、カフェラテで夕飯までつなぐなどコーヒーも活用すると楽しんでダイエットできると思います。

タリーズ・ハウスブレンド・コーヒー豆